スーツお手入れ方法

スーツをより長くご愛顧して頂きたく、日頃のお手入れ方法からアイロンのかけ方まで、ちょっと気をつければお気に入りのスーツと長くお付き合いすることができます。

スーツのお手入れ方法

ポイント

ウールは生きた繊維ですから、休日を与えてあげましょう。
1シーズンに2種類以上の 洋服を交互に着用されることがお洒落の最大のポイントとなります。

1.ハンガー掛け

お手入れ方法

スーツを脱いだら先ずポケットの中身を取出し、ハンガーに掛けましょう。出来上がりの状態に毎日返してやる事が美しいシルエットをいつまでも保つ最大の秘訣です。

2.ブラッシング

お手入れ方法

帰宅されたら先ずブラシを掛けましょう。
服の色が焼けるのは太陽光線よりも、ホコリのせいでもあります。
ホコリの成分は土埃でアルカリ性ですので、ウールの本質を痛めてしまうことになります。

3.スチーム&プレス

お手入れ方法

アイロンはズボンのラインを つけるだけのもではありません。
アイロンの熱によって、虫や卵も死滅しますし、水分と熱によって羊毛それ自体の形が元に戻ります。

4.霧吹き

お手入れ方法

シーズン・オフにはクリーニングには必ず出しましょう。洋服の大敵はカビと虫です。ウールは動物性蛋白質ですから虫の被害を受け易い繊維であるのです。高級品は繊細な高級ウールを使用しているだけに、日常の手入れと管理が大切となります。お手入次第では永年に亘りご愛用が可能にもなります。

アイロンの使い方

アイロンの基本

1. アイロン

スチームアイロンが最適です。水蒸気がむらなく生地にあたるからです。
アイロンの温度は、170℃前後が適温とされています。

2. アイロン台

アイロン台の張り布は麻が最も適しています。 中身は弾力性があるものが好ましく、アイロン台がない場合は毛布を折りたたんで2.5cmくらいの厚さを作り、その上でアイロンをするととてもいいでしょう。
その際は、木綿か麻の布でカバーを掛けるとよりいいです。

3. 袖台

袖台があると便利ですが無ければ新聞紙等を折り、厚地のタオルでしっかり包んで用いると良いです。

4. アイロンの掛け方

原則として、ウールは裏をプレスします。
表をプレスする時は必ずウールのあて布を用いましょう。
はじめに布に蒸気をしみ込ませる気持ちで軽くあて、それからアイロンの押しを少しづつ強くしながら流れるようにかけましょう。

5. あて布

スチームアイロンの場合、衣服の裏にはあて布の必要ありませんが、表には必ずあて布を使いましょう。
また、普通のアイロンの場合、あて布を時々水に浸し、よくしぼって用いましょう。
ウールのあて布を用いるとウールの弾力性を守り、生地に光が出るのを防ぎます。

温度の違い

種類 適切な温度 あて布・霧吹き
綿 200℃ あて布不要
180℃ あて布不要
170℃ あて布不要
レーヨン 160℃ あて布不要
ポリエステル 160℃ 霧吹き不要
アクリル 120℃ 霧吹き不要
ナイロン 120℃ 霧吹き不要

アイロンのかけ方

ステップ1

アイロンのかけ方

スーツの上衿を裏返して、衿を広げてアイロン台に置き、左から右へと図のように、押し付けるように掛けていきます。
平面でアイロンが掛けにくい場合には、バスタオルなどを中に入れて、衿に沿うように調整して下さい。

ステップ2

アイロンのかけ方

表側を、上身頃⇒背中⇒反対の上身頃の順で掛けていきます。出来ましたら、アイロンを直接あてるのではなく、浮かしアイロンで(蒸気で)シワを伸ばして下さい。

ステップ3

アイロンのかけ方

袖を、袖まんじゅう(袖台)にのせて掛けるか、袖より太めに巻いたバスタオル等で代用できます。
出来ましたら、浮かしアイロンでシワを伸ばして下さい。

ステップ4

アイロンのかけ方

肩の丸みに、丸みに合せて巻いたバスタオルを中から当て 立体的にして掛けましょう。また、必ず当て布をして下さい。

ステップ5

アイロンのかけ方

片足ずつ、クリース線がずれないようにアイロンをあてていきます。ウール素材は当て布をして下さい。

洗濯表示・注意事項

塩素系漂白の記号

  • 記号

    塩素系漂白剤による漂白ができます

  • 記号

    塩素系漂白剤による漂白はできません

アイロンの掛け方の記号

  • 記号

    アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180℃~210℃)で掛けるのが良いです

  • 記号

    アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140℃~160℃)で掛けるのが良いです

  • 記号

    アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80℃~120℃)で掛けるのが良いです

ドライクリーニングの記号

  • 記号

    ドライクリーニングができます。溶剤はパークロルニチレンまたは石油系のものを使用 してください

  • 記号

    ドライクリーニングができます。溶剤は石油系のものを使用してください

  • 記号

    ドライクリーニングは出来ません

絞り方の記号

  • 記号

    手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのが良いです

  • 記号

    絞ってはいけません

干し方の記号

  • 記号

    つり干しが良いです

  • 記号

    日陰のつり干しが良いです

  • 記号

    平干しが良いです

  • 記号

    日陰の平干しが良いです