冠婚葬祭の基本マナー

服装

職場の結婚式、葬儀には「略礼装」が普通。略礼装は慶事にも弔事にも使えます。
仕事仲間の結婚披露で「平服」といった場合はふつう略礼装を意味します。
急な知らせを聞いて駆けつける場合は、喪服を着用していなくても可。
葬儀、告別式に出席する場合は略礼服で参列するのがマナー。

慶事

慶事
  • 略礼装「ブラックスーツ」ズボン の裾はシングルに
  • ネクタイは白のネクタイ
  • ポケットチーフは白絹
  • シャツは白
  • 靴下は黒無地
  • 靴はストレートチップかプレーントゥ がベター

弔事

弔事
  • 略礼装「ブラックスーツ」ズボンの裾はシングルに
  • ネクタイは黒無地
  • ポケットチーフは黒か着けない
  • アクセサリーは控えるようにする
  • 靴下は黒無地
  • 靴は慶事と同様エナメルは避ける

水引の種類

  • [図]蝶結び

    【蝶結び】

    何度あってもよいという祝い事に用いられる結び方

  • [図]結び切り

    【結び切り】

    「一度きり」の祝い事や、二度とあってほしくない弔辞に

  • [図]あわび結び

    【あわび結び】

    この結び方も「結び切り」と同様の意味をもっています。

水引とは?

水引は一般に慶事の贈答品には紅白、金銀が用いられ、弔辞には白黒、銀などが用いられます。
結び方は弔辞や病気見舞いのように、二度とあってほしくないことには「結び切り」に、出産祝いなど何度あっても喜ばしいことには「蝶結び」にします。

贈答の表書き

のし のしは弔辞の贈答品や生ものの進物にはつけないのが常識。
寿 「寿」の表書きは、結婚、賀寿などの贈答品に用いられます。
御祝 「御祝」の表書きは、結婚、出産、七五三、賀寿など、祝い事全般の贈答に用いられます。
御礼 謝礼の表書きに用いられます。
内祝 出産祝いのお返しなどに用いられるほか、七五三や賀寿など、自家の祝い事に物品を送るときに用いられます。
御霊前 葬儀の金包みに用いられます。
御香典 仏式葬儀の金包みの表書きに使われます。
御玉串料 神式葬儀の金包みの表書きに使われます。
御花料 キリスト教式葬儀の金包みの表書きに使われます。